あなたの、そばに。リスのプラスチックグループ

  1. ホーム>
  2. ニュース&トピックス:2011年>
  3. PLAから進化したバイオ食品容器の新商品を開発

2011年

PLAから進化したバイオ食品容器の新商品を開発

                                                          平成23年5月17日
                            リスパック株式会社

 リスパック株式会社(本社:岐阜県岐阜市)は、「安全・安心」と「地球環境への貢献」を目的に、かねてから、石化製プラスチック食品容器に変わるものとして「とうもろこし」等の植物を原料とする、いわゆる「植物由来のプラスチック食品容器」の開発を行ってまいりましたが、このたび、今までのとうもろこしを原料とする植物素材100%のPLA食品容器に加え、下記の通り「新型バイオ食品容器」を開発いたしましたのでお知らせいたします。

1.「新型バイオ食品容器」開発の目的
  当社は来たる「循環型社会」に対応し、「安全・安心と環境」に対応できるバイオ食品容器のトップ企業を目指して「CO2削減とサスティナビリティ社会の創造」にお役に立つべく、進化、成長を図り、未来の子供たちの地球環境保全企業として貢献していくために、「脱石化」商品の開発に取組んでまいりましたが、このたび、「石化プラスバイオ素材の混合技術開発」に成功いたしました。「バイオ食品容器の品揃えの拡大による商品力強化」と「バイオ化による環境貢献」の二つの目的を図るものであります。

 

2.新商品の概要
     ①「バイオPET」食品容器
       当社は石化製樹脂の中では比較的環境にやさしいPETのトップメーカーとして永年にわたり取組んで参りました
       が、その過程で開発いたしました「PET樹脂」の押出・成型技術と、ここ数年にわたり開発、蓄積して参りまし
       た「植物性樹脂(PLA)」の技術を融合させ、石化容器に植物樹脂を混合し、環境新時代に対応した新しい素材
       による業界初の「バイオPET」食品容器です。
        バイオ製品のみならずPET製品の品揃えの拡大が大いに期待できます。
 

     ②「バイオデリカ」食品容器
       電子レンジ対応の弁当・惣菜食品容器は人気があり、幅広く活用されております。
       この容器は「PPフィラー」の石化製でありますが、このたび、当社では原料に「植物素材のポリエチレン」を
       混合した業界初の「バイオデリカ」食品容器を開発し、従来の耐熱性に多様性を加えることに成功いたしまし
       た。

      http://www.risupack.co.jp/hp_new/products/pack/bioderica.html

  

<本件に関するお問い合わせ>
リスパック株式会社 バイオ営業部長 植村 亮
TEL:090-3385-4983

「ニュース&トピックス」一覧へ戻る

「ニュース&トピックス」トップへ