グループ沿革

昭和 28年 4月 大松幸栄(初代社長)が岐阜市本荘久保見に岐阜プラスチック工業を設立
6月

1号機となる 2オンス縦型成型機を導入

11月 コンパクトケースを受注し、日用品雑貨の生産・販売が始まる 【日用品事業の開始】
32年 4月

商標「リス」マークを決定

34年 11月 真空成形機を導入【食品包装容器事業の開始】

36年

1月

食品包装容器ボンカップを発売開始

38年 3月 塩ビ管継手の生産・販売を開始 【建築土木資材事業の開始】
9月 パンコンテナーの発売 【物流資材事業の開始】
46年

4月

リス興業(株)を設立

岐阜プラスチック工業から塩ビ管継手やプラ舟などの建築資材事業を移管

50年

11月

リスパック(株)を設立

岐阜プラスチック工業から食品包装用事業を移管

12月 本社を岐阜駅前「大岐阜ビル」に移転
59年 リス興業(株)がプールフロアの販売を開始 【スポーツ資材事業を開始】
61年

1月

リス(株)を設立

岐阜プラスチック工業から日用品事業を移管

63年 5月 大松利幸が2代目 代表取締役社長に就任
平成 元年 3月 現行「リス」マークを決定
2年 5月 物流パレットの発売を開始
4年 4月 リス興業がプラスチック製擬木の販売を開始
16年 12月 大岐阜ビル(株)を設立
17年

2月

リスパック(株)のポリ乳酸容器が、日本で初めてポリオレフィン等衛生協議会のポジティブリストに登録される。

3月

リスパック(株)のポリ乳酸容器が「愛・地球博」で採用。本格的に植物由来のプラスチック食品包装容器の生産・販売が始まる。

3月

リスジョイントプロダクツ(株)を設立

リス(株)から共同開発部門を移管

21年

9月

岐阜プラスチック工業(株)がハニカム構造体連続成形技術を確立し、TECCELL(テクセル)事業を開始

22年 10月 リス興業(株)が雨水貯留浸透槽「レインスタジアム」の販売を開始
23年 2月 中国販売会社「岐阜リス商貿」を設立
8月 東栄管機(株)の株式を取得し、子会社化
24年

3月

リス興業(株)の塩ビ管継手事業を東栄管機(株)に移管

25年 4月 創立60周年を迎える
29年 3月 ハニカム防音パネル「テクセルSAINT」の発売
30年

3月

大松栄太が3代目代表取締役社長に就任

大松利幸は会長へ

History

より詳細なリスのプラスチックグループの歴史をご覧いただけます。

1953年プラスチック産業が黎明期だった1953年に創業以来、人々に愛される動物「リス」を企業ブランドに、日用品、物流産業資材、食品包装容器、建築土木資材、スポーツ資材、工業部品、医療関連品など幅広い分野の製品を提供しております。