リスのプラスチックグループ Recruiting Site 2020

マイナビ2020エントリー

Search

職種から探す
  • 営業系
  • 技術系
  • スタッフ系
  • デザイン系
専攻から探す
  • 文系
  • 機械系・電気系
  • 化学系・材料系
  • その他理系
  • デザイン系

会社にとって「なくてはならない存在」になる。

製造技術
R.A

岐阜プラスチック工業(株)生産本部 本社工場 第2製造チーム
2013年入社 体育学部 体育学科

01入社を決めた理由

地元に岐阜プラスチック工業の工場があることはもともと知っていたのですが、就職活動を進めていく中、学内セミナーでたまたま当社のブースで話を聞いたのがきっかけです。選考の過程で当社のことを調べていくうちにプラスチック製品の製造にだんだんと興味を持つようになり、地元に近いということにも縁を感じて入社を決めました。

02入社してから現在までの仕事内容

最初は工場のラインに入って成形後の製品の仕上げ作業や検品などの作業から始まりました。ライン作業ができるようになり、自分たちの工場で造る製品を覚えてくると、次は成形班に入って実際に製品を造る仕事をするようになりました。たくさんの苦労をしましたが、先輩方に一から業務を教えていただき、現在ではある程度一人で成形機を扱えるまでになりました。毎日の積み重ねは大事だと今、実感しています。

03仕事のやりがいと面白み

普段、自分たちが造っている製品を街中や店頭など、いろいろなところで見かけると役に立っていることが実感でき、それがやりがいに繋がっています。
仕事の面白みを感じるのは、製品を製造するなかで条件や環境によって製品に変化が出ることです。難しいと感じるとともに奥が深いと感じており、いろいろ考えながら機械を調整して良品が出てくるまでの過程には面白みがあると思っています。
また製造現場においては「いかに無駄を見付けそれを取り除くか?」という改善意識が不可欠です。こちらも奥深く、今後やり続けなければいけないテーマであると思っています。

04仕事で苦労すること

体育学部出身ということもあって、入社するまで機械や工具などを触る機会は殆どありませんでした。プラスチックについての知識も勉強する必要があり、最初はとにかく覚えることだらけで必死になってメモをとっていました。今はだいぶん慣れてはきましたが、新しい業務を覚えるとまた更に新しい業務を覚える必要が出てきて、いつまでたっても勉強はしないといけないと感じています。わからないことは上司や先輩社員にいろいろ教えてもらいながら頑張ってやっています。

05最も印象的なエピソード

仕事でトラブルが発生したときに先輩社員や上司の人たちが対応してくれることが多く、先輩方が迅速にトラブルに対応している姿を見ると凄いなと思います。自分はまだまだ先輩社員と比べると技術も経験もありませんが、将来的には上司や先輩社員のようにトラブルの対応など迅速にできるようになっていきたいと思っています。

06今後の目標

会社にとってなくてはならない存在になることです。
今はまだ、他の誰がやっても出来るような仕事しか出来ていないのが現状だと思っています。技術や知識ももちろんのこと、改善活動や後輩への指導、工場全体の運営にも携わっていくなど、とにかくいろいろなことに挑戦していくことで、会社にとってなくてはならない存在になっていくつもりです。まず今の成形班の仕事を完璧に覚え、ゆくゆくは工場のスタッフ部門にステップアップしていきたいと思っています。

07ズバリ!当社の社風は?

「やる時はやる」です。
普段は和気あいあいとして、仲もよく休憩時間などいろいろな話で盛り上がったりもしますが、いざ仕事となるとみんなとても真面目でしっかりと仕事をしています。オンとオフの切り替えがしっかり出来るのが当社の社風だと思います。

1日の主なスケジュール
(交替勤務:昼勤の例)

07:30 出社、工程表で一日の流れを確認、一日の準備
08:00 朝礼、現場巡視、成形業務
12:00 お昼休憩
13:00 成形業務
16:00 次の成形班へ業務引き継ぎ、現場片付け、退社

休日の過ごし方

基本、土日休みなので、日曜日には草野球をしたり友達と遊んだりと有意義な時間を過ごしています。
最近はゴルフも始めました。まだまだ初心者で下手くそですがこれからうまくなれるよう練習していきたいです。とりあえずの目標は100をきることです!
他にもこれからたくさんの趣味を作って、仕事も遊びもアクティブに過ごしていきたいと思っています。

ページの先頭へ