岐阜プラスチック工業株式会社

  1. ホーム>
  2. 技術情報>
  3. 環境に貢献する技術開発

環境に貢献する技術開発

「Ecoの輪を技術と製品で広げる」のスローガンの元、持続可能な社会の実現に向けて、環境に配慮した製品をつくるための技術開発を進めています。

技術開発の内容

植物由来のバイオマスプラスチックを使用した製品をつくるための技術開発

バイオマスプラスチックは原料が植物ですので、大気中のCO2を増加させず、大切な石油資源が節約できる環境に優しいプラスチックです。1990年代後半から研究開発を進め、これまで多くのバイオマスプラスチック製品を市場にお届けして参りました。これからも様々な産業分野への製品化を進めて参ります。

リスのプラスチックグループ「植物由来プラスチックの導入」ページへ

再生プラスチック材料を使用した製品をつくるための技術開発

資源の有効活用や廃棄物削減に貢献するために、端材や使用済みプラスチックを有効活用する成形技術の開発を進め、幅広い分野での再商品化を実現しています。

リスのプラスチックグループ「リサイクル」ページへ

省エネ・省資源、CO2削減に貢献する製品をつくるための技術開発

プラスチック製品を通じた省エネルギー化、限りある天然資源の節約に貢献する技術開発と製品化を進め、それらを通して、地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの抑制に貢献して参ります。

リスのプラスチックグループ「省エネ・省資源・CO2削減の貢献」ページへ

ハニカム構造体連続成形技術
世界で初めて熱可塑性樹脂によるハニカム構造体連続成形技術を確立し、軽くて強いハニカムコア材TECCELL(テクセル)を開発。
従来、生産性が悪くて最先端産業にしか使用されてこなかったハニカムコア材を、TECCELL(テクセル)の誕生によって、あらゆる分野で活用できるようになり、あらゆる製品の軽量化・省エネルギー化に貢献することが可能となりました。
「TECCELL(テクセル)」ページへ

「技術情報」トップへ

ハニカムコアの歴史が変わる 高機能素材TECCELL(テクセル)