あなたの、そばに。リスのプラスチックグループ

  1. ホーム>
  2. 地球環境への取り組み>
  3. 植物由来プラスチックの導入

植物由来プラスチックの導入

石油資源の温存やCO2を増やさない(カーボンニュートラル)など環境負荷の少ない循環型社会に貢献しています。

近年、従来の石油を原料とするプラスチックに代わる材料として、植物由来のバイオマスプラスチックが開発され、食品包装容器・包装資材・繊維製品など様々な用途に使われています。バイオマスプラスチックとは植物などの再生可能な資源を原料として作られるプラスチックの総称です。原料が植物ですから、大気中のCO2を増加させず、大切な石油資源が節約できる環境に優しいプラスチックです。

リスのプラスチックグループでは1990年代後半から環境に優しい素材開発の研究をはじめ、これまでに多くのバイオマスプラスチック製品を市場にお届けすると共に、普及活動にも力を注いでいます。

バイオプラスチックの環境循環

食品包装容器

持続可能な植物原料を使用したバイオマスプラスチック容器の創造

各種製品の開発

植物由来プラスチック製の製品開発と普及啓発活動

「地球環境への取り組み」トップへ