岐阜プラスチック工業株式会社

  1. ホーム>
  2. 技術情報>
  3. 射出成形

射出成形

複雑な形状の製品を大量に生産するのに適した成形方法です。当社では型締力20tクラスから最大4,000tの射出成形機を保有し、主に物流産業資材、工業部品、医療関連品、家庭用品、業務用雑貨、建築土木資材などを成形しています。

射出成形の図

原材料を電熱により150度~280度に加熱溶解し、金型内へ射出。
冷却後、形が定まると自動的に金型が開き、出来上がった製品はロボットにより取り出されベルトコンベアーにて仕上げ行程へ。

一般的な射出成形 製品成形イメージ

成形技術

製品に求める機能や用途によって、必要な成形方法は異なります。弊社では以下の成形技術を駆使して、お客様ニーズに沿った製品を生産しています。

2色成形

2色成形は、色の異なる2つの同種材料を成形する技術で、意匠性に富んだ製品を生み出します。塗装やホットスタンプなどとは違い、耐久性のある加飾、高級感のある仕上がりが可能です。異材質成形は2種類の材料を成形行程で接着させることにより、互いに異なる材料特性を一つの成形品に共存させる技術。接着作業などの後工程がなくなるためコストダウンを図ることができます。共に製品の用途を大きく広げる技術です。

同時成形 製品成形イメージ

NFコンテナ

NFコンテナ

コアバック 製品成形イメージ

リスボックス

リスボックス

ロータリー 製品成形イメージ

医療機器用部品

医療機器用部品

ガスインジェクション

ガスインジェクションは製品の肉厚部分に窒素ガスを導入し、軽量化・構造体としての強度アップ・ヒケ・反り防止等を行います。

ガスインジェクション 製品成形イメージ

ベルク バケツの持ち手

ベルク バケツの持ち手

プレス成形

プレス成形は、金型を開いて広くなった流路に無理なく樹脂を流すため、おおはばに成形圧力を低減でき、歪みの少ない成形品を得ることができます。また、同時にプレスされることによる展延で、その流動長は一般の射出成形に比べ、大幅に長くなります。このため、投影面積の大きな製品も低い型締力の成形機にて成形可能となります。

一般プレス成形 製品成形イメージ

JCKパレット

JCKパレット

2色プレス成形 製品成形イメージ

HB-SCパレット

HB-SCパレット

アセンブリ技術

成形技術以外にも、多くの製品についてサブアセンブリまたは最終製品の状態でも出荷が可能です。アセンブリには射出成形品だけでなく、金属製のシャーシやメカ部品、防音材やゴム製品など種々の製品を組み込むためのラインを調えています。

設計補助

3D-CAD/CAEによる基本構想

簡単なポンチ絵・構想図等を3D-CAD上で作図してみます。この段階で大まかな金型構造検討・製品重量計算・アセンブリ時の干渉チェック等を行います。
またここで作成したデータは、後の流動解析にも使用します。

2Dへの展開

金型製作にあたり1.で作成した3D図面をもとに2Dへ展開します。

成形性の確認

複雑な形状やゲート配置が難しい場合など、あらかじめトライでのトラブルが予測される場合には、流動解析を実施します。
ここでは1.で作成した3Dデータを使用しゲート配置や樹脂選定を行い、成形時の圧力、時間などから最適な条件を見つけ出します。
これにより金型完成後の修正が大幅に削減されます。

その他設備
  • 印刷設備(ホットスタンプ、シルクスクリーン等)
  • アセンブリライン
  • 超音波溶着器
  • 振動溶着
  • パイプブロー

「技術情報」トップへ

ハニカムコアの歴史が変わる 高機能素材TECCELL(テクセル)